熱性けいれん 対処法【⇒今、起きている場合の対応】

自分の経験から書いておく。どうでもいい理屈は抜きの実践用】だ。

 

【発症のタイミング】

⇒熱の上がり始めになりやすい。

【うちの息子の場合はこの順番で症状が出た】(参考)

意味不明なことしゃべり始める。(うわ言。)

呼びかけても反応がない。

目の焦点が合わない。

口から泡を吹く。(急にしゃべらなくなる。)

白目をむく。

全身にけいれんが起きる。

唇が紫色になる。(チアノーゼ)

⇒これらの症状が複合して数分内に立て続けに現れる。 

【あなたがやること】

1)まず落ち着いて、子供の反応を見ろ!

2)とにかく首・わきの下を冷やせ!(動脈の太い所)

3)気道を確保しろ!(首をそらす)

4)すぐに119に電話をして救急車を呼べ!

⇒迷わず救急車を呼べ!どうするかは救急隊と相談すればいい。

【あとがき】(回想)

さすがに初めての時は、ビックリして救急車を呼んだ

救急隊員が来た頃(5分後くらい)には、チアノーゼも消え、だいぶ落ち着いたので、
「熱性けいれんなら大丈夫だと思いますが、心配なら搬送します。どうしますか?」と、
尋ねられた。(慣れている様子だった)

もちろん、脳に異常がないかとか、他の原因じゃないか、と気になったので、
迷わず搬送をお願いした。

結果的には、問題はなかった。(それでもまず診てもらうことだ。)

2回目からはかなり落ち着いて対応できた

でもあの泡を吹いた様子を見たら、死なせてしまったんじゃないかと
後悔の念でいっぱいになる。誰もがショックを受けるはずだ。

小学校に上る前までの子供がなりやすいと言われている

うちは3歳ぐらいから6歳ぐらいまで頻繁に繰り返した。
高熱のたびに何度も繰り返すので気が気でない。

高熱にならないように、ダイアップという座薬を常備していた

熱が出始めたなと思ったら、30分~1時間間隔でこまめに体温を測り記録した。
うちの場合は38℃を越えたら座薬を入れ体温を下げた。
もちろん、つきっきりだ。
(ちなみに父子家庭だったから誰も助けはない。その他に年子の姉がいたので
その世話もしなければならなかった。夫婦二人がいたとしても、結局はママが
対処しなければならない確率が高いだろう。だから、知識として備えておくのだ。
私もできたのだから、あなたも出来る。)

早朝の救急搬送1回、早朝の救急外来1回

夕方に発生した時はかかりつけの小児科医に電話をつなぎながら
アドバイスを受けながら、対処したこともある。

頻繁に痙攣を起こし、喘息がひどくなった時は、入院をしたこともあった。

慣れてきた頃には(しかし毎回生きた心地がしない・・・)、落ち着いて、
熱を下げることに集中し、意識を取り戻させ、水分補給をさせて対処。
改めて、診療をうけるということを何回か繰り返した。

小学校に上がった頃には、全く熱性けいれんは起きなくなった

もちろん、子供の個体差があるし、他の潜在的な病気が潜んでいる可能性もあるので、
とにかく、冷やして体温を下げ、呼吸を確保して、病院に運び医師に診てもらうってことだ。

あくまで、自分の子供のケースを紹介した。
あとは、状況を見て各自の責任で対処して頂きたい。

以上、どこかの誰かの役に立てば幸いである。(りゅう)

★ブログランキングに参加しています。
少しでも参考になりましたら、ポチッと応援をしていって下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサードリンク